底地・借地の諸問題を解決して再生 

 
                                         
      ●サイトマップ   ●アクセス

 TOP 日経団とは   業務内容 実例紹介  ご利用ガイド


底地・借地



底地・借地の諸問題を解決!

面倒な底地・借地の問題は後継者に相続させることなく自分の代でスッキリさせておきたいものです。地主さんにとっても、借地権者の方にとっても共に現在よりももっと収益増になるような良い解決方法が必ず見つかるはずです。
 

底地・借地の問題は、地主さんも借地権者の方も、何とかしたいと毎年の課題のように思いながら「底地権」「借地権」にかかわる諸課題を解決するのが面倒で、ハレ物に触るように、“その内にその内に”と後回しにし、放置しがちです。

しかし、終戦直後の先代のころと異なり、今日では立地環境も大きく変化し、様々な方法で土地を有効活用できる時代になっています。

収益を生み出す土地の活用方法を工夫することにより、双方にメリットがある方法なら、多少の歩み寄りをしてでも、思い切って着手するべきです。

高齢の域に達した地主さんも借地権者の方も、先代から長年引きずってきた底地・借地の面倒な問題は後を継いでいく後継者の方に引き継がせたくはないはずです。自分の代でスッキリさせるには、今こそ勇気ある決断が必要な時です。
 

◎実例(1) 

    “借地権からの事業化”による再生 


再生事業前
 
 再生事業後
 借地権の発展的解決により、地主、借地権者の合意で誕生した介護付き有料老人ホーム


再生依頼の課題

1.  長年、借地状態にある敷地(ゴルフ練習場を閉鎖後、暫定的に賃貸駐車場にしていた428坪)有効活用し、地主、借地権者共にメリットがある方法で現在の底地権(借地権)を発展的に解決する。
 
2.  その解決策を通じ、両地権者が抱える諸課題(相続と相続税、納税、負債など)も合わせ解決し、さらにそれぞれの相続人や家族が将来的に安定収益を見込めるようにする。 

<解決策>

・  駐車場事業から運営を大手の介護事業会社に委託でき、安定収益が見込める介護付き有料老人ホームに事業転換する。  

日経団ホームページトップへ戻る

 
  ◎実例(2)

 
  底地の活用を工夫し、借地権者もメリットある各種収益物件化

<目的>
  • 先祖代々続く大地主であっても、底地収入等々では赤字、所有地の部分売却もそろそろ限界、後継者への相続を考えると、飛び地状態で周辺に散在する底地を整理、有効活用できる状態にしておきたい。
<成果>
  • 下記の方法で4ブロックを収益事業化。これらの管理会社を設立し、後継者はその経営に従事し、これをベースに本格的な不動産実業家を目指すことに。

 


Aプロジェクト 


底地人が収益物件を建設、借地権者
(複数)は敷地権付き建物に交換し、居住
や収益物件として活用 
 

  
 

・建築面積   524坪
・延床面積  3800坪



 
Bプロジェクト


底地権、借地権をディベロッパーと等価
交換し、敷地権付き建物を建設、 両地
権者は居住や
収益物件として活用



 
・建築面積   200坪
・延床面積  1050坪

  


 Cプロジェクト

底地と借地を交換し、それぞれが
所有権化して活用(売却含め)
 

・建築面積  140坪
・延床面積  740坪
 


 
Dプロジェクト 

借地権を買取り、所有権化して
活用(売却含め) 


・建築面積   160坪
・延床面積   750坪
 

このほか、上記のBプロジェクトとは逆に「借地人が地主から底地権を買い取る方法」「地主、借地
権者が共同で第3者(業者を含め)に土地を売却する方法」などがあります。

日経団の「底地、借地再生」部門はこのように、

@ 底・借地の立地条件や面積に応じ、双方に収益を生み出す新たな活用方法を見出し 
A  省庁、自治体、金融機関、関連企業、近隣対策を行い 
B  地主さん、借地人の方の底地権、借地権にかかわる諸課題(相続・相続税、負債など)も合わせ解決する総合プロデュース機能をもったコンサルティング機関です。 

底・借地の問題で一人で頭を痛めたり、放置したままにすることなく、是非ご相談ください。
 




 日経団ホームページトップへ戻る


お問合わせ・各種ご相談はこちら 
TEL 03-6206-1710 FAX 03-3506-1701
MAIL  
 
日本経営開発企業団
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル405号室